日本発スイス経由英国。日記、雑記、こころの整理整頓記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花火の季節到来
10月も半ば。朝晩だんだん寒くなってきました、が・・・ 
イギリスでは花火の季節到来~!全然馴染めないんですけど(笑)

伝統的に11月5日がGuy Fawkes Nightガイ・フォークス ナイト。
Bonfire Nightボンファイヤー(焚き火、かがり火)ナイトとも呼ばれます。
ことの始まりを簡単に紹介しますと、1605年11月5日
(今年は400周年記念です!)一組の男達が当時の政治政策に
不満を持っていたためジェームス国王をはじめ有力者たちを
殺害しようと国会議事堂(BigBenがあるところ)の爆破を計画。
結局計画は未遂に終わったのですが火薬担当だったガイ・フォークスが
一人だけ捕らえられたそうです。
彼はその後投獄され他の共謀者たちの身元を白状するまで
拷問されたとか。オドロオドロシイ・・・
難を逃れた王様は自分が助かった事を祝う為11月5日をボンファイヤー
ナイトと名づけ大きな焚き火をたいて毎年お祝いするように
英国中におふれを出したんだそうです。
大きな焚き火だけから花火も含まれるようになったのはガイ・フォークス
が火薬担当だった為なのでしょうかね?
11月5日までロンドン市内でもあちこちの公園で小規模では
ありますが(花火の時間20分位!)花火大会が行われます。
時間が短いし寒いのでおっくうなんですが毎年一箇所くらいは
近場で見に行ってます。最初に特大の焚き火、その後花火大会
という構成。普段はのんびりとした公園に夜沢山の人が集って
お祭り気分でそれなりに盛り上がります。
日本だったら屋台が出て縁日みたいなんでしょうが
こちらは移動遊園地とホットドッグ・バー、でしょうか(苦笑)
会場によっては有料だったり、コンサートがあったりします。

こちらでは花火を売る場合に特別なライセンスがいるそうですが
ガイ・フォークスナイト前とお正月前は一般のお店でも販売が
許可されるそうです。
そういえば、商店街でも普段はシャッターが閉まっていて
空家みたいなところにこの時期になると「Fireworks!(花火!)」とか
手書きの看板を掲げて臨時営業している店もあります。
もうかなり前のことですが故ダイアナ妃がお子さん達のために
50ポンド(現在で約1万円)花火に費やした、とか批判された事も
ありましたっけ。
買った事が無いのでよくわかりませんが、花火の種類、値段は
日本とそんなに変わらないのではと思われます。
線香花火は多分売ってはいないと思います。あったら欲しい!

爆竹や打ち上げ花火がやはり人気で飼い犬たちにとっては辛い季節。
コスモも若い頃よりかなり花火の音には敏感になってとても恐がるので
夜の散歩に行くのもタイミングを見計らったり大変です。
トイレが全て済む前だろうが何だろうが花火の音が聞こえると家に
速攻帰りたがります(笑)

安全に花火で遊ぼうというキャンペーンも実施中。
火傷事故を防ごうという目的はわかるのですけど、ちょっとグロい画像の
ポスターにはどきっとします。
英国通産省(DTI)のHPで子供向けのかわいい花火サイトを見つけました。
特にPets Gameといって花火の音に恐がって逃げてくるペット達を
捕まえよう!というゲームがかわいくて笑えました。
英語がわからなくても遊べます。

DTIのサイトより 『Cool Stuff for Kids』
http://www.dti.gov.uk/fireworks/fire_you/cool_kid.htm

花火は楽しいけど動物達には大迷惑なことだから、思いやりを持って・・・
という注意もDTIのサイトにはありました。
人間と野生動物を騒音から守る為に法律で夜11時から朝の7時までは
花火は禁じられているそうです。知らなかった~。
っていうか、守られてない!
11月5日は深夜0時、大晦日は午前1時までOKだそうです。
チャイニーズ・ニューイヤーとディワリ(ヒンズー教のお祭り)の夜も
深夜1時までOK,となっているところがイギリスらしくて良いです。

DTI Firework Safety Site 
http://www.dti.gov.uk/fireworks/index.htm






テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
秋の花火大会なのね
なんだか、季節はずれですねぇ。
とか言いながら、私は、冬に信州へスキーに行った時、八方で花火大会を見た事があります。
とにかく寒かったですねぇ。
こんな花火大会もおつだなぁとか思いながら見てました。
ワンちゃん、破裂音駄目なんですよね。
とっても綺麗なのに、一緒に見れないなんて、残念ですね。
2005/10/19(水) 19:48:52 | URL | sakura [ 編集]
やっぱり・・・
sakuraさん
日本人なので花火大会は夏のイメージがあります。
ビール片手に・・・がいちばんですよぉ!
見終わってから寒い夜道をとぼとぼ帰るのは寂し~い!
犬は家でお留守番です^^
2005/10/19(水) 21:22:35 | URL | stipa [ 編集]
そう、日本の花火は夏のイメージ!でしたが、考えてみると長野は結構冬でもやってるかもなぁ~
11月に恵比寿講の花火、あと、スキー場なんかでは年越し花火とかね(笑)規模は小さいけど。
冬山でキーンと空がきれいなときに花火。。。ステキな恋人がいたらとってもロマンティックe-415
寒さなんて吹き飛ぶかなe-343
ダンナとは考えられませんがぁ~、ってじゃあもうチャンスないや(爆)
線香花火、可愛いですよね。ジジジジってじっと見つめちゃいます。
派手じゃないけど風情があって。
2005/10/19(水) 22:23:51 | URL | miki [ 編集]
冬山で花火
mikiさん
いいですね~!そうか、スキー場で冬に花火大会とかあったな~。
チャンス無いって、旦那様といいじゃないですかぁ~e-266
線香花火、そうそう、音もいい!
2005/10/19(水) 23:46:19 | URL | stipa [ 編集]
そうだったのか~。
はじめまして。海外犬事情のところを何となく見ていてこちらを発見しました。
私も前にロンドン郊外のコルチェスターというところの語学学校に通っていたのですが、その時このガイ・フォークスナイトがありました。花火を見ながら友だちから説明してもらったのですが、まださっぱり英語がわからず、なんのこっちゃらわかりませんでしたけど、今読んでやっとわかりました。ありがとうございます。帰国してすっかりそんなこと忘れてましたが、今、この寒い中、なんで花火なの?と思いながら見ていた10年前を思い出しました。
また遊びにきますね。
2005/10/20(木) 22:00:48 | URL | bonbon [ 編集]
はじめまして♪
bonbonさん、こんにちは^^
こちらこそ、ここを見つけてくださってありがとうございます。
この日記がちょっとでもお役に立てたようなのでとても嬉しいです!
留学されていたんですね^^コルチェスターは残念ながら
まだ行った事がありませんe-330
秋、といってももう晩秋。こちらは夜冷えますしね~
ブルブル震えながら花火というのも雰囲気出ませんよね。
ブログもなさっているのですね!今度ゆっくり伺います。
また遊びに来てくださいねe-343
2005/10/21(金) 00:12:03 | URL | stipa [ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2006/03/19(日) 12:27:37 | | [ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2006/03/20(月) 00:48:38 | | [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。